業界経験わずかでも製薬会社への転職は可能なのでしょうか。転職希望者が多いと言われる製薬という業界の現状をお話します。

転職は会社を辞めてからの方が良いでしょうか。

by admin

同じ製薬業界での転職でも、辞めてから面接を受けに行くというのは、マイナスイメージが強すぎます。

どうすべきか最善策をご提案します。

■製薬会社の人事も新しい戦略で様変わりする可能性?

製薬業界に限った話ではありませんが、先行き不透明で、一度離職してしまうと次が見つかる保証はどこにもありません。

いまどきは会社に勤めながら次の転職先を探すのが常識的です。

いま製薬業界は、業界再編と薬価の半額引き下げ騒動(がん治療薬)で、再びの組織再編に入る可能性をはらんでいます。

それにともなって人事の計画にも変更が生じ、人員募集も見通せなくなりました。

これは1つの製薬会社の危機に収らない業界全体の問題です。

■会社を辞めてしまっては、得体の知れないただの浪人。

転職について多くの人は甘く見るか、楽観的に捉えてしまう傾向があります。

会社を辞めてしまってフリーの状態で面接に行けば、その人は単なる浪人であり、得体の知れない人としか面接担当官には映っていません。

履歴書にどんなに優秀な実績を書き連ねても、真実であると証明してくれる後ろ盾がないからです。

しかし会社に留まった状態で面接に行けば、身元不明の浪人ではなく、履歴書の内容も本物であるというイメージをもってもらえます。

辞めてからと辞める前に行くのでは、それほど大きな開きがあります。

■製薬会社から製薬会社への転職でも、辞める前に行けば担当官にも新鮮でデキル人間に映ります。

いろいろな意味で、現役のほうが有利です。

転職希望の理由はわかりませんが、回答者としての本音を言えば、いまどきの転職はおすすめできません。

思い留まるのが賢い選択だと思います。

しかしどうしてもと言うなら、会社を辞める前に面接を受けましょう。

担当官に対するイメージも段違いで、こちらも感触を確かめることができます。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 製薬への転職をまとめました | Powered by WordPress